東急軌道工業株式会社

INTERVIEW 03岩木

線路の安全を支える“匠の技”を
しっかりと受け継ぐとともに、
後進にも継承していきたい。

工事本部 第一工事部第一工事課
岩木 大(いわき だい) 
2016年入社(中途採用)

「レール削正車」など
大型機械を自在に操り、
ミリ単位の精度を追求する充実感。

第一工事課では、レールの形状を保つために摩耗した箇所を削る「レール削正(さくせい)車」や、レールの歪みを矯正する「マルチプルタイタンパー」など大型保線機械による保守工事を担当しています。
大きな機械を操りながら、ミリ単位の精度を求めて器具の角度や速度を微細にコントロールする毎日に、大きなやりがいを感じています。私のように機械好きな人にはオススメの仕事だと思います。

「基準」はあっても
「正解」はない仕事だからこそ、
常に自身を高め続けていける。

この仕事には「基準」はあっても「正解」はありません。データで見れば許容範囲内とされる結果であっても、実際にレールの上を電車が走ると、継ぎ目のわずかな段差が、揺れや騒音の原因となります。
日常生活で電車に乗った際、自分が整備した区間で揺れを感じると「もっとうまくできたはず」と思うもの。常に高みをめざし、努力し続ける姿勢が、自分の技術をさらに向上させると信じています。

“匠の技”を受け継ぎながら
自身の技術に磨きをかけていく。

保線業務を担う企業の中でも、当社は基準の厳しさや精度の高さに定評があります。先輩たちの仕事ぶりを見ていると、まさに“匠の技”とも呼べるものがあり、技術を磨くには絶好の環境と言えます。
今後は後進に指導することも求められますが、かつてのように「見て覚えろ」ではなく、こちらから疑問点を引き出すような接し方を心がけ、当社の培ってきた“技術”と“誇り”を継承していきたいですね。

“和”を大切にする企業風土のもと、
安心して働ける会社です!

当社の雰囲気を一言で表すなら「和」。キャリアや立場を問わず、誰もが意見を出し合える雰囲気があり、上司や先輩にも相談しやすい職場です。多くのお客さまの安全を支えるという重責を背負うからこそ、オンとオフの切り替えがしっかりしています。居心地よく、安心して働ける職場で、皆さんの入社をお待ちしています!

OTHER INTERVIEW

工事本部 
業務推進部
2019年入社
澤田 颯真

工事本部 
第一工事部第二工事課 
2014年入社
山内 蓮

工事本部 
第一工事部第一工事課 
2016年入社(中途採用)
岩木 大

工事本部 
第一工事部第三工事課 
2016年入社
井上 遼

工事本部 
第一工事部第一工事課 
1998年入社
柴田 一樹

Back to TOP